10blog人気blogランキングでございます。クリックどぉーぞぉよろしく、、どんっ(衝撃)

2010年08月01日

設計プロセス「隠れ家的なドッグカフェ」

相談に来られたのが2006年10月。

富山市大泉の住宅街に敷地があり、隠れ家的なDogCafeを造りたいということだった。

●敷地確認(06.10.04)

敷地.jpg

路地裏にあり、こぢんまりとした敷地である。
目立たない場所,駐車場確保が不十分など、正直店舗としては適してないのかな??と感じた。
まわりの景色も良いものではない。北側に一部樹木が見える“抜け”があるが、うまく利用できるか??

●エスキース

お店の条件として、席数が20確保,明るいテラス,ソファ席とチェア席その他保健所指導項目クリア必要。

これらを普通に入れ込んだらこの敷地ぢゃぁやっぱり手狭なんだね。。
でもイロイロ方向性を整理してゆくと見えてきたのがこういう考え。

061030-02.jpg061030-03.jpg

建物は敷地境界線ギリギリには建てられないんだが、敷地境界線との間に出来た隙間をアプローチ空間に利用してやり、奥行き間を与える。
これにより、店に入るエリアは日常から脱した場となる。
後は、落ち着いたソファ空間と明るいチェア空間ときれいに動線が分けられる。断面的にも天井高の変化により目線の高さも変えられる。

●プレゼン(06.10.30)

方向性がみえたので、プランをまとめるのはあっと言う間でした。
後に金額調整も大変厳しく行ったが、この方向性がブレることなく実施へとつながりました。

061030-01.jpg061030-04.jpg

≪施工状況はHPにてどうぞ≫
posted by mitsukan at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ケンチク(06one) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。