10blog人気blogランキングでございます。クリックどぉーぞぉよろしく、、どんっ(衝撃)

2011年07月28日

設計プロセス「ひっそりと建つ狭小喫茶」-04

震災直後以下のものが手に入らない状態に、、

・アルミサッシ
・合板
・配管
・キッチン,トイレ,UB等
・グラスウール

その他材料値上げもあって、ただでさえキビシイ概算だったのがこれぢゃぁぁ成り立たない状況に陥ってしまった。

しかしながらベニヤ仕上げの内装をビニルクロスにしたり、プランや断面をもっと合理的に整理したりしながら実施設計を行った。

そして、この建物は市街化調整区域内のため「43条申請」から行うことになる。
既存建物と敷地の関係,敷地境界線の状況からはぢまり非常に細かい指摘を受けながらも何とかクリア。。

続いて「確認申請」なんだが、既存建物の増築ということで既存建物に対するチェックや43条申請内容の整合性など、これまた細かい指摘を受けてクリアした。。

富山市役所はちゃんとしているんだが、ちょっと真面目すぎるところがあるのよねぇぇ。

≪施工状況はHPにてどうぞ≫
posted by mitsukan at 10:50| Comment(0) | ケンチク(11H邸) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

設計プロセス「ひっそりと建つ狭小喫茶」-03

・B案提示(10.12.01)

1間にも満たないタイトな空間に階段をもってきたカタチで整理してみた。

101201-pl01.jpg  101201-pl02.jpg

空間構成としては方向性が固まってきたが、なんせ巾が狭い。再度敷地調査して厳密に位置関係を調整した。



その後、年をまたいで基本設計をまとめ概算金額を出し調整を行った。

続いて実施設計に入る予定だったが、依頼者の要望で「着工時期を7月にしたい」ということで、しばし小休止。

そのご約1.5ヶ月後に“震災”がおこってしまった。。

≪施工状況はHPにてどうぞ≫
posted by mitsukan at 20:42| Comment(0) | ケンチク(11H邸) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

設計プロセス「ひっそりと建つ狭小喫茶」-02

・A案提示(10.11.24)

田園側からは全体が見えるので、既存建物と異質なエッジの効いたハコを置いて存在感を出す。

101123-pa01.jpg

1Fは母屋からの雪を排出できるようにピロテイ空間を確保し、店舗は2Fを使用。

増築ということなので、既存住宅とは2Fの既存納戸とつなげることにする。もちろん構造的にはエキスパンをとる。

101123-pl01.jpg

101123-pl02.jpg

敷地スペースの狭さ、母屋の屋根との離隔を考慮してみると、やたらタイトな幅のトンネル状の建物となってしまう。天井高とのバランスが難しい。

101123-pa02.jpg

依頼者からは、管理上階段位置は建物中心に欲しいとのこと。。

このタイトな空間に階段も入れるため再検討が必要。

≪施工状況はHPにてどうぞ≫

posted by mitsukan at 14:33| Comment(0) | ケンチク(11H邸) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

設計プロセス「ひっそりと建つ狭小喫茶」-01

事務所のお隣さんのEMIRIOが富山市の自宅に移設したいという相談を受けた。

・役所確認(10.11.09)

計画地が市街化調整区域内のため、建てられる用途や条件の制約がある。
さらに確認申請前に43条申請を行う必要がある。

原則既存住宅の増築で行う必要があり、既存住宅の調査チェックも行った上での計画が必要となる。


上記をふまえて店舗(喫茶店)兼用住宅という用途で計画することとした。

・現地確認(10.11.16)

現状敷地から言って建てられるスペースは建物南西の狭小エリアとなる。
しかしながら西側は調整区域内の水田が広がり、遠方まで見渡せる場であり、袋小路となっている東側も遠くに立山連峰が望める場ということだ。

101110-01.jpg

西側からはさえぎるもの無く建物の全容が見えるので、シンプルなちいさなL型のハコを既存建物に沿うような計画とした。

101110-03.jpg   101110-02.jpg

≪施工状況はHPにてどうぞ≫

posted by mitsukan at 23:15| Comment(0) | ケンチク(11H邸) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。